ITとかCockatielとか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

AWS EBS

EBS

概要

  • EBS:Amazon Elastic Block Store
  • EC2インスタンスで使用するブロックストレージボリューム
  • ルートボリューム(ブートボリューム)または追加のボリューム(セカンダリボリューム)として使用される。
  • 複数のEBSをひとつのEC2にアタッチできる。但し、プロビジョンド IOPS SSD に限る。

ブロックストレージ(参考

  • 記録領域をボリュームという単位に分割し管理する。
  • ボリュームの内部は、さらに固定長のブロックという単位に分割される。
  • ハードディスクや、USBメモリブロックストレージに該当する。

自動レプリケート

  • AZ内で自動的にレプリケートされる。(AZ間ではない)
  • 耐障害性が高いが、AZが使えなくなるとEBSも使えない。

ボリュームタイプ

  • 複数のボリュームタイプが選択可能。
  • 利用開始後に変更可能。
ボリュームタイプ 概要 ルートボリューム
利用可否
プロビジョンド IOPS SSD(io1) 16,000IOPS以上、
または一定の性能が必要な場合に選択。
最大64,000IOPS。
汎用SSD(gp2) 性能は最大で16,000IOPS。
一定の性能を約束するものではない。
スループット最適化 HDD(st1) SSDほどの性能が必要ない場合に選択。 ×
Cold HDD(sc1) さらにアクセス頻度が低い場合に選択。 ×

IOPS(参考

  • I/O Per Second:1秒当たりのI/O。
  • 1秒あたりにディスクが処理できるI/Oアクセス数のこと。

課金・容量の変更

  • 課金はストレージ容量による。
  • 容量は利用開始後に変更可能。

スナップショット

  • AZが使えなくなった時のために、スナップショットを取得するとよい。
  • EBSのスナップショットはS3の機能によって保存される。
  • 2回目以降のスナップショットは差分のみ保存される。
  • S3は複数AZに保存されるため、高い耐久性(イレブンナイン:99.999999999%)を有する。
  • スナップショットの作成は非同期で行われるため、スナップショット処理中の更新により誤差が生じる場合がある。
  • ルートボリューム(ブートボリューム)のスナップショットで作ったAMIにから、EC2の複製を作ることが出来る。

セキュリティ

  • EBSは暗号化を有効にできる。
  • 暗号化を有効にすると、スナップショットも暗号化される。復元したボリュームも暗号化される。
  • 暗号化/復号化は透過的に行われる。(ユーザー操作は不要)

永続性

  • EBSのデータは永続化されているため、EC2を停止してもデータは保持されている。
  • 但し、EC2を終了するとEBSは削除される。(デフォルト設定)

インスタンスストア

  • データを一時的に保持する場合はインスタンスストアを利用できる。
  • こちらは永続化されていないため、EC2インスタンスを停止するとデータは破棄される。