ITとかCockatielとか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

箱根山の山体膨張に地殻変動・・・噴火はあるか

箱根山の山体膨張を観測したとのニュース。

果たしてどの程度のものなのか。

news.yahoo.co.jp

この手のニュースは原典がわからないので自分で探さなければならない。リンクしておいてほしいものだ。

箱根火山については、神奈川県のHPで言及されている。

www.pref.kanagawa.jp

リンクを追うと、気象庁の「火山活動解説資料(箱根山)」なるものがある。

www.data.jma.go.jp

2021年の資料、定期の7月(PDF)を見てみる。

f:id:sik_bug:20210812084706p:plain

次のように総括されている。

地震活動は低調に経過していますが、GNSS の一部の基線ではわずかな伸びの変化がみられていますので、今後の火山活動の推移に注意してください。 また、大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いていますので、火山灰等の突発的な噴出現象に注意が必要です。 噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)の予報事項に変更はありません。

わずかな伸びの変化として捉えられている。

資料を読み進めると興味深い図があった。

f:id:sik_bug:20210812084828p:plain

  • 大涌谷の噴気は2015年半ばから活発になっている。(当時だったか、活発になり始めたというニュースを見た記憶がある)
  • 地震の回数が多い時期には、地殻変動が起きている。
  • 地震および地殻変動は約2年ごとに活発化している。(但し、噴気には大きな変化は見られない)
  • 今回の地殻変動は、2年サイクルでの活発化が始まったように見受けられる。(黄色のマーカー)

今回のニュースは「火山活動が始まるよ、噴火するよ」という直接的なものではないが、活発化から一気に噴火という可能性は当然ありえるのだろう。(その可能性はごくわずかかもしれないが)

そして防災マップを見ると、さほど広範囲に影響が出るというものではなさそうだ。(地元民からすれば大変なことだが)

www.town.hakone.kanagawa.jp

彫刻の森美術館でも、うすらと降灰がある程度なのかもしれない。