ITとかCockatielとか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

受験体験記:アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験Lv.2

試験概要

sik-bug.hatenablog.com

試験対策

受験結果

不合格

所感等

総合

検定試験として成立しておらず、受験(および検定試験を目標とした取組み)はあまりおすすめできない。

前提

  • 資格(検定)試験に取り組むメリットは、該当領域に関する知識を体系的に学ぶことができる点にある。(と私は考える)
  • 試験については合否判定がひとつ結果となるが、「学習によって知識が身についているか」を客観的に測定する機会である。

おすすめできないと感じた理由

  • 1.知識体系が整理されていない
    • 公式テキストのような教材がなく、そもそもの学習方法が不明瞭。
    • 公式サイトでは「開発チームのメンバーがプロジェクトに入る前に必要な実践的な内容」となっているが、参考資料として20もの書籍・Webサイトがあげられており、エントリーレベルですべてを学習するのは無理筋。(つまり主催側で知識整理をせずに、唯々丸投げしただけの状態だといえる)
    • アジャイル開発自体は概念的なものであり、何をベストプラクティスとするかはそのときどきによる。つまり、検定試験主催側において、これがベストプラクティスであるという整理が必要なはずだが、それがない。
  • 2.情報が不十分
    • サンプル問題が提示されておらず、問題の方向性がわからない。(開発者を対象としながら、概念理解なのかその具体的内容なのか、はたまたテクニカルレベルなのか、といった方向性が示されていない)
    • せめて出題範囲のリストで、もう一段階掘り下げた項目が列挙されていればよいのだが。(知識体系およびベストプラクティスの整理として)
  • 3.客観的評価として使いずらい
    • たとえば人材育成の指標として使う場合、「ここからここまでについては、このレベルで知識を身に着けたんだね」という確認ができる必要がある。しかし、前述のとおり知識体系が整理されていないため指標としてはとても使いずらい。(組織的な目標設定といった用途には向いていない)

感想

  • ある程度確信をもって回答したつもりだったが、結局なにが正解だったのかよくわからない。(モヤモヤするばかり)
  • Lv1はテキストを含めてよくできていただけに、Lv2は非常に残念なツクリであった。
  • 一方、デザインパターンはひととおり学習できたのでスコアは100%であった。やはり出題範囲はもっと具体化(=知識体系を整理)すべきだろう、と改めて思う。
  • 出題の方向性はわかった(そして学習の方向が間違っていたことも分かった)ので、折をみて再チャレンジするかもしれない。