ITとかCockatielとか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

アジャイル検定【試験概要】

概要

試験体系

Lv.1

Lv.1 概要

  • 試験名称:アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験Lv.1
  • 試験時間:60分 (守秘義務契約およびアンケートは別)
  • 出題形式:多肢選択式 (四肢択一)60問
  • 評価方法:80%以上合格
  • 受験料:10,000円(税別)

lv.1 出題内容

  1. アジャイル開発に対する基礎知識
  2. 開発チームの運営
    • コミュニケーション
    • 自律性と協調
    • ルール
    • 振り返り
  3. アジャイル開発プロジェクト管理
    • 会議体
    • ロール(役割)
    • 反復
    • ドキュメント
    • チーム編成
    • 計画
    • 見積り
    • ビジョン
    • 品質
  4. アジャイル開発の技能

Lv.1 試験対策

Lv.2

Lv.2 概要

  • 試験名称:アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験Lv.2
  • 試験時間:60分 (守秘義務契約およびアンケートは別)
  • 受験資格:アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験Lv.1に合格していること(Lv.1未合格の場合は、合格後にLv2の合格証明書を発行)
  • 出題形式:多肢選択式 (四肢択一)40問
  • 評価方法:65%以上合格
  • 受験料:15,000円(税別)

lv.2 出題内容

  1. モデリング
  2. コーディング
  3. 構成管理
    • チーム開発:SCM(ソースの変更管理システム)、分散型(git)、集中型(SubversionCVS 等)
    • ブランチ戦略:ブランチとマージ、レビュー・受入(プルリクエスト)
    • コンテナ技術
  4. テスト
  5. 常時結合
    • 自動化の導入:何時動かして結果から何を読み取るか、自動化の導入効果、何を自動化するか(ビルド⇒テスト⇒デプロイ等)
    • 何のため、誰のために、常時結合(CI)をおこなうのか
  6. デザインパターン
  7. リファクタリング
  8. チームのスキル
    • スプリント計画
    • 自己組織化されたチーム:メンバーの行動規範(コミュニケーション、自立と協調)
    • レトロスペクティブ(振り返り)

Lv.2 試験対策サイト