ITとかCockatielとか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

色彩検定UC級 受験体験記

本日、色彩検定のUC級を受検してきました。

 

駅から遠い大学でしたが、駅前で激辛ラーメンを食べた後、バスには乗らず40分ほど歩いて会場に到着。

 

情報処理試験と違って女性が多い!!

やはりデザイン系の方が多いのでしょうか、女性だけでなく、男性もおしゃれです。

若い方が中心ですが、中高齢の方もちらほらという感じでしょうか。

 

さて、試験についてですが、結論から言うと「超簡単」です。

合格率が2019年度で88.6%(参考)なので、よほどのことがなければ大丈夫です。

 

以下の速報サイトで自己採点したところ、73/75問でしたので、特に心配はいらないですね。もちろん怪しい回答もありましたが、ほぼ合っていたのはよかった。

https://www.irodaigaku.jp/answer/color_ans_uc.html

 

勉強法はシンプルでテキストのみ。

ブログにメモしながら1回まわして、もう一度通読したくらいです。

合格率が高いのは知っていたのでテキストを読めば十分と思い、問題集は利用しませんでした。

色彩検定の試験形式・問題は初見でしたが、特にややこしいこともなく、検定試験の入門としてはとっつきやすいものだと思います。

 

誤解のないように補足しておくと、簡単ではありましたが、もちろん「役に立たない」「意味ない」というものではありません。

私としては色覚特性者としての新しい発見があり、自分自身を見つめなおす、知識をしっかりつけるという意味でも、非常に有用な試験でした。

 

そして、帰り道は別の駅まで60分ほど歩いて帰りました。

試験を受けに行ったというよりは、知らない町を眺めながら歩くという、のんびりした(&疲れ切った)1日でした。

 

今後の人生で、あの道をまた歩く日が来るのだろうか、と思うと感慨深いですね。