ITとかCockatielとか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

IBM Quantum Experience アップデート

少し前になりますが、2002年8月上旬にIBMのQ Experience がアップデートされました。

主なアップデート

New Layout

画面レイアウト全体が一新されました。
以前のレイアウトを知っていれば、ぱっと見で変化がわかるかと思います。

f:id:sik_bug:20200825180142p:plain

Cutomize circuit building space

回路構築スペースがカスタマイズできるようになりました。
具体的には、「ダークモード」が設定できるようになったことを言っているようです。

f:id:sik_bug:20200825180336p:plain

New Q-sphere visualization

新たな可視化ツールとして Q-sphere が追加されました。
Q-sphereは、複数の量子ビットの状態を可視化するもので、球に配置されたポイントと色で状態を表現するものです。

f:id:sik_bug:20200825190406p:plain

f:id:sik_bug:20200825190427p:plain

詳しくは以下のリンクを参照してください。
https://quantum-computing.ibm.com/docs/iqx/visualizations#q-sphere-view

Easily monitor jobs

実機での実行条件を画面上で設定でき、実行ジョブの状態の確認やキャンセルが出来ます。

f:id:sik_bug:20200825181248p:plain

Work in Qiskit code

回路が自動でPythonのコードに変換されます。

その他にも機能が追加されているそうです、お試しください。

IBM Quantum Experience