ITとかCockatielとか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

損益計算書

損益計算書

概要

  • Profit and Loss Statement、P/L
  • 一定期間(1年間)における、企業の経営成績(どれだけ儲けたか)を表す。

利益・損失

  • 収益 - 費用 = 利益
  • 費用 - 収益 = 損失

5つの利益

利益 概要
売上総利益 商品や製品を販売した利益
売上高-売上原価
営業利益 本業による利益
売上総利益販管費(販売費・一般管理費
経常利益 経営努力の成果を示す利益
営業利益-営業外損益
税引前当期純利益 1年間に会社が儲けた利益
経常利益-特別損益
当期純利益 最終的な利益
税引前当期純利益法人税等・法人税等調整額

損益計算書の様式

  • 勘定式、報告式がある。
  • ほとんどの場合、報告式が用いられる。(利益獲得のプロセスがわかりやすいため)

期間損益計算

  • 企業活動の成果を、会計期間(一定の期間)に区切り経営成績を計算すること。
  • 適切に計算するには、収益や費用の計上(いつ記録するか)と期間帰属(どの期間に割り当てるか)の決定が必要。

3つのルール

  • 期間損益計算のためのルール。

発生主義の原則

  • 費用と収益が発生した時点に割り当てるという考え方。
  • 主に費用について適用される。

実現主義の原則

  • 確実性を求められる収益について適用される。
  • 対価の受け取りが確実(実現)になった時点に割り当てるという考え方。
  • 販売基準ともいう。

費用収益対応の原則

  • 実現主義の収益と、発生主義の費用を対応させるという考え方。
  • 個別的対応因果関係が個別にわかるもの。(ex.売上高と売上原価)
  • 期間的対応:個別的対応が見出しにくいもの。(ex.売上高と販管費