ITとかCockatielとか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

貸借対照表

貸借対照表

概要

  • Balance Sheet、B/S
  • 一定時点(決算日)における企業の財政状態を表す。
  • Wikipedia
  • 複式簿記(資産、負債、純資産)で作成する。
  • ステークホルダー(株主・債権者等)に対し、経営状態に関する情報を提供する。
  • 株式会社では決算公告が義務付けられており、損益計算書とともに公告される。

表示方法

  • 貸借として、右側から貸方、借方となる。
  • 貸方(資金の調達源泉)には負債(他人資本)、純資産(自己資本を表示する。
  • 借方(資金の運用形態)には資産を表示する。

画像引用 http://www.funda.jp/hs-fs/hubfs/financial-statements/assets/%E8%B2%B8%E5%80%9F%E5%AF%BE%E7%85%A7%E8%A1%A8(Balance%20Sheet).jpeg?width=1200&name=%E8%B2%B8%E5%80%9F%E5%AF%BE%E7%85%A7%E8%A1%A8(Balance%20Sheet).jpeg

様式

勘定式

  • 貸・借を右・左に表示する。
  • 株主向けの報告書で利用される。

報告式

  • 貸借を資産、負債、純資産の順に縦に並べて表示する。
  • 一般向けの報告書(有価証券報告書など)で利用される。

表示

資産の表示

負債の表示

流動/固定の分類基準

  • 正常営業循環基準
    • こちらが優先して適用される。
    • 仕入→製造→販売」の循環過程にある場合は「流動」とする。
    • そうでない場合はワンイヤー・ルールを適用する。
  • ワンイヤー・ルール(1年基準)
    • 決算日の翌日から1年以内に履行期日が到来する債権及び債務は「流動」とする。
    • そうでない場合は「固定」とする。

画像引用

https://dol.ismcdn.jp/mwimgs/2/9/670m/img_29b340158c43d25333669b11b6160a9f207182.jpg

表示順

  • 流動性配列法
    • 流動を先に表示する。
    • 一般的な表記方法。
    • 流動性の高い項目から表示する。
  • 固定制配列法
    • 固定を先に表示する。
    • 特定の業種(電気業、ガス業)では、この順序が法令により義務付けられている。
    • 流動性の高い項目から表示する。

原則

総額主義の原則

  • 資産、負債、純資産は総額によって表示する。
  • 財政を正しく認識できなくなるため、貸借を相殺して表示を除外してはならない。
  • 但し、売掛金と貸倒引当金を相殺し残額の実を表示することは可能だが、注記は必要

重要性の原則

  • 項目の金額・性質の重要性が乏しい場合は簡潔に示してもよい。