ITとかCockatielとか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

ニューノーマル

ニューノーマル

言葉の濫用?

コロナ禍により「ニューノーマル」という言葉をよく目にするようになった。

ITでのバズワードもそうだが、概念の共有が不十分なまま流行り言葉となり、会話が通じないという場面がどうしても出てくる。濫用というといいすぎかもしれないが、こうした場面では早期の概念理解が大切であり、また使う場面においては「相手の知識が十分ではないかもしれない」という配慮が欠かせない。

つまり、めんどくさい。

と言っても仕方ないので、今後も正しく理解する努力をしていきたい。

ニューノーマルとは

  • ニュー・ノーマル - Wikipedia
  • ビジネスや経済学の分野で使われる表現。
  • かつては世界金融危機(2007~2008年)や、大景気後退(2008~2012年)の後における金融上の状態を意味した。
  • 現在では「異常とされていた事態が、ありふれたものとなっていること」を意味する。

日本において

  • 訳は一意になっておらず、「新たな常態・常識」、「新常態」、「新しい正常」などがある。
  • コロナ禍においては「新しい日常」とされることが多い。

コロナ後のニューノーマル

新たな日常に向けさまざまな観点での施策があると考えられる。

例えば以下のような事項が取り上げられている。

  • 日常の衛生観念の変化
  • 旅行者や旅行サービス従事者の衛生対策や日々の健康管理とその開示
  • キャパシティの制限(制限を設ける、制限を拡大する)
  • デジタル分野への投資拡大
    • タッチレス・ソリューションの普及
    • テレワーク(リモートワーク)の拡大
    • 学童のオンライン授業の普及