ITとかCockatielとか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

RPA

RPA

RPAとは

  • RPA:Robotic Process Automation
  • ロボットによりプロセス(業務作業)を自動化する。
  • デジタルレイバーとして活用できる。

RDAとの違い

RPAのクラス分類

  • クラス1
    定型業務の自動化。
  • クラス2
    AI(機械学習)を用いて、一部の非定型業務も自動化。
  • クラス3
    自律的に処理を行う。

RPAのメリット

  • 自動化により生産性を高めることができる。(働き方改革に貢献する)
  • 専門知識がなくても扱える。(教育コストが少ない)
  • 複数のソフトウェアに対し、横断的に処理できる。
  • 既存システムを変更せずにそのまま利用できる。
  • 導入・構築が低コスト。(特にリソースの少ない中小企業に有効)

RPAが得意とする作業

  • 頻度の多い作業。(ex.毎日作業、定時に作業)
  • 件数の多い作業。(ex.週に1回だが作業が数百件ある)

RPA導入による副産物

  • 作業の標準化が必要になるため、現行事務を整理できる。
  • 最終的にRPAに乗らなかったとしても、標準化が進むことになる点もメリットになる。

RPA導入の注意点

  • RPAに向いていない業務がある。
  • 現場をよく知る担当者が主導すべき。

RPAの動作方式(認識方式)

  • 座標方式
  • 画像方式
  • オブジェクト方式

RPAの提供方法

  • オンプレミス型
  • クラウド
  • デスクトップ型

野良RPA

  • 管理されていないRPA。
  • 意図しない処理をどこかでし続けることで問題になる可能性がある。
  • 野良RPAは事業リスクとなるため、管理が必要となる。