ITとかCockatielとか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

AWS CloudWatch

CloudWatch

概要

標準メトリクス

  • AWSが管理している範囲の情報は、標準メトリクスとして収集を行っている。
  • 利用者が制御する範囲について、勝手に情報収集は行わない。

カスタムメトリクス

  • 標準メトリクスの範囲外の情報は、カスタムメトリクスを設定することで情報収集できる。
  • CloudWatchへの書き込みは、PutMetricData APIを利用する。
  • CloudWatchへの書き込みプログラムは、CloudWatchエージェントがあり、EC2にインストールして利用できる。

ログ収集:CloudWatch Logs

  • CloudWatchにはログ収集機能として、CloudWatch Logsがある。
  • EC2の場合は、CloudWatchエージェンをインストールし、設定を行うことでログの書き出しが可能となる。
  • 外部に書き出すことでサービスをステートレスにできる。(いつでも破棄できる)
  • ログの出力結果をフィルタリング(たとえばエラーを表す文字列でフィルタリング)し、メトリクスとして利用できる。

アラーム

  • 収集したメトリクス、ログ情報に対しアラームを設定できる。
  • アラームに対しては以下のアクションが設定可能。
    • EC2の回復
    • Auto Scaling の実行
    • SNSへの書き込み
      SNSAmazon Simple Notification Service)へ通知することで、Eメール送信やLambda起動による後続処理ができる。

保存期間

メトリクス

  • データポイントの解像度により時間・日数が決まる。

CloudWatch Logs

  • 任意の保存期間が設定可能。