ITとかCockatielとか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

WANサービスの種類

WANサービスの種類

WAN

  • Wide Area Network、広域通信網
  • 地理的に離れた地点間を結ぶ通信ネットワーク。

0.インターネット

  • 普通にインターネットを利用するだけの話。
  • 次項との混同を避けるために記載しました。

1.インターネット接続サービス

  • インターネットを利用したVPNサービス
  • VPN:Virtual Private Network
  • 経路としてはインターネットを利用するが、通信を暗号化することで、あたかもプライベートなネットワークを使っているように見せかけるもの。
  • でも、所詮はインターネット利用なので、データ内容がバレないにしても、攻撃されることはある。

2.閉域網VPNサービス

  • 不特定の者に攻撃されることを避けることを目的に、特定の人しか接続できないネットワークを利用するもの。
  • 閉域網は通信キャリアが用意する。
  • 利用者は通信キャリア(またはそれを扱う事業社)と契約することで利用できる。
  • でもやっぱり、知らない人が同じ回線を使っていることには変わりない。

3.専用線サービス

  • 知らない人と同じ回線は嫌だ、という事業社向けの専用線サービス。
  • その名の通り専用線を使うため攻撃の心配は(ほぼ?)ないが、高価。

参考

第4回:WANサービスの「松竹梅」--安全性・確実性に違いあり - ZDNet Japan