ITとかCockatielとか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

AWS EC2

EC2

1.概要

2.料金・コスト

EC2本体の稼働料金

  • 料金はOS、リージョン、インスタンスタイプにより異なる。
  • 課金は稼働時間による。
    • 1時間単位が基本。
    • Amazon Linux, Ubuntuについては秒単位(最低1分)。

データ転送料金

  • リージョン外へのデータ転送に対して料金が発生する。
    • リージョン間、インターネットへの通信が課金対象となる。
  • 料金はリージョンによって異なる。
  • インターネット(外部)からの受信については無料。

ストレージ料金

3.インスタンスタイプ

  • インスタンスタイプの選択は、モニタリングを通じて決定すればよい。(事前予測はしない)
  • インスタンスタイプの表記
    「t2.micro」の場合

    文字 カテゴリ 概要
    t ファミリー 次項参照。
    2 世代 バージョンを表す。
    micro サイズ 性能レベルを表す。
  • ファミリー(Amazon EC2 インスタンスタイプ

    文字 カテゴリ 概要
    A, T, M 汎用 バランスのとれたセッティング。
    C コンピューティング最適化 プロセッサ重視。
    R, X, ハイメモリ, z1d メモリ最適化 メモリ容量重視。
    規模の大きいデータ
    セットに対する処理に適している。
    P, Inf, G, F 高速コンピューティング ハードウェアアクセラレータによる計算
    やグラフィック処理などに適している。
    I, D, H ストレージ最適化 大規模データセットに対するシーケン
    シャルな処理などに適している。
  • インスタンスタイプは使い始めた後でも変更が可能だが、停止する必要がある。

4.世界中のリージョンに対し、数分でサーバーを調達できる

  • リージョン、AMI(後述)、インスタンスタイプ、起動するネットワーク、ストレージを選択すれば調達が完了する。
  • 以上のことから、経営の俊敏性が向上するといえる。
  • AZは自動選択または指定することができる。複数のAZで起動することで信頼性の高い構成となる。

5.AMIによるサーバー起動

  • AMI:Amazon Machine Image、EC2インスタンスのテンプレートライブラリ。
  • 以下の4種類がある。

    種類 説明
    クイックスタートAMI AWSが用意したAMI。
    マイAMI 利用者が作成するAMI。
    起動中のEC2を選択して作成できる。
    他アカウントへの公開も可能。
    AWS Marketplace ベンダーによりテスト済みの状態で提供されるAMI。
    ソフトウェアやミドルウェアがインストール済み。
    コミュニティAMI 一般公開されているAMI。
  • AMIはリージョンをまたぐことができないため、コピーして利用する必要がある。

  • AMIはアカウント間で共有できる。

6.セキュリティグループによるトラフィック制御

7.EC2のOS操作

8.料金オプション

オンデマンドインスタンス

  • 使った分だけ課金される、通常の利用方法。

リザーブインスタンス

  • 一定期間の利用が決まっている場合に割引が適用される。
  • 24-365稼働や75%以上の稼働が見込まれる場合に適している。
  • 主な選択メニュー

    選択項目 概要
    期間 1年、3年
    支払方法 全額前払い、一部前払い、前払いなし
    コンパーティブル
    (オプション)
    調達後の期間中に属性が変更できるようになるが、割高。

スポットインスタンス

  • AWS上にはEC2キャパシティがあり、未使用のEC2キャパシティが多いほど割安となる。(少ないほど割高)
  • 事前に調達価格を設定すると、価格が設定値を下回った場合に利用可能になる。
  • 監視不要かつ途中停止可能(ステートレス)な場合の利用に適している。
    ex. 夜間での自動テストなど

Dedicated Hosts

  • EC2が起動するホストを専有する。
  • ホストに対しての従量課金となる。
  • セキュリティ、ガバナンス、ライセンスなどの要件による利用が適している。

9. Elastic IP

10. プレイスメントグループ

  • 公式
  • プレイスメントグループを使用すると、インスタンスの配置においてプレイスメント戦略を適用できる。
プレイスメント戦略 概要
クラスタ AZ内にインスタンスをまとめる。
パーティション インスタンスを複数のパーティショングループに分散させる。
パーティションごとに異なるハードウェア基盤を利用し、
ハードウェアを共有しないようにする。
分散 相関性のエラーを減らすため、
インスタンスをハードウェア全体に分散させる。

11. ユーザーデータ