ITとかCockatielとか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

AWSクラウドコンピューティングの6つのメリット

AWSクラウドコンピューティングの6つのメリット

1. 固定費が柔軟な変動費になる

  • クラウド利用により、既存システムを維持する予算(TCO、Total Cost of Ownership)を削減できる。
  • 従来方式では初期導入で多額の投資(設備投資費)を要するため、その後の償却費用(固定費)が資金を圧迫する。
  • クラウドでは「使ったときに使った分だけ」という変動費になるため、コストを柔軟に削減しやすくなる。(使わないようにすれば削減できる)

2. スケールによるコストメリットがある

  • 多数のユーザーが同じクラウドサービスを利用するため、「規模の経済」によるコストメリットが生じる。
  • AWSのサービス料金は、継続的に値下げしている。

※規模の経済 : 生産規模を増やすほど単価コストが減少すること。

3. キャパシティ予測が不要になる

  • トラフィック(利用状況)の増減に応じたリソース調整(スケールアップ/ダウン)ができる。
  • キャパシティをあらかじめ予測する必要がない。

4. 速度と俊敏性が向上する

  • ITリソースをすぐに調達できるため、ビジネスの速度が向上する。
  • 検証や開発にかかるコスト・時間の削減により、組織の俊敏性が向上する。

5. データセンターの運用と保守への投資が不要になる

  • オンプレミスで必要な各種費用が不要になる。
  • 費用例:サーバー代、ライセンス費用、電気代、ベンダー保守費用

6. わずか数分で世界中にデプロイできる

  • わずか数クリックで、世界中の複数リージョンにアプリケーションを展開できる。
  • 現地移動、現地調達などの煩わしい作業が不要となる。