ITとか鳥とか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

OpenJDKについて簡単に整理

はじめに

開発言語のJava。 はいくつか種類があるって知ってました? 簡単に知識整理をしておきたいと思います。

OpenJDKとは

その他の用語と合わせてみると。

用語 説明
Java SE Java Platform Standard Edition。仕様の集まり。
OpenJDK Java SE に基づいた開発を行っているオープンソースプロジェクトソースコードが管理されている。
JDK Java Development KitOracleが提供するJava SE開発ツールキット。

OpenJDKの種類

OpenJDKはソースコードなので、それを使って各社がビルドしたものが提供されています。

ビルド パーミッシブ Pure 商用サポート LTS
AdoptOpenJDK / IBM / JClarity Yes Optional Yes Yes
Amazon Corretto Yes No No Yes
Azul Zulu(Azul systems) Yes No Yes Yes
BellSoft Liberica JDK Yes No Yes Yes
ojdkbuild Yes Yes No Yes
Oracle Java SE No No Yes Yes
Oracle OpenJDK Yes Yes No No
Red Hat for Windows Yes No Yes Yes
SapMachine Yes No No Yes

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/OpenJDK

パーミッシブ

コピーレフト

二次的著作物(derivative work)の頒布条件に同じライセンスが要求されるライセンス。例えばGPLソースコードを使って開発した二次的著作物はGPLの基で頒布する必要があるといったもの。 パーミッシブ型の対極に位置する。OSSの理念を強く持つライセンスと評価されることが多い。代表的なライセンスはGPL、AGPLなど。

コピーレフト

コピーレフト型ほどコピーレフト性が強くないライセンス。開発コミュニティに利便性が出るように工夫されている。代表的なライセンスはMPL、LGPL、CDDL、EPLなど。

パーミッシブ型

無保証であること、著作権表示をすること、ライセンス条文を表示すること、などの条件さえ満たせば頒布を許可するライセンス。二次的著作物を同じライセンスにする必要がない。コピーレフト型の対極に位置する。企業における商用利用への転用が容易だと評価されることが多い。代表的なライセンスはBSD、MIT、Apache、MS-PLなど。|

引用:https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1205/21/news101.html

Pure

100% Pure JavaJava言語で開発されたプログラムが、特定のOSや開発環境に依存した機能を使用せず、標準仕様やAPIだけで構成されていること。

引用:http://e-words.jp/w/100-_Pure_Java.html

LTS

Long Term Support。
長期サポートをしているかどうか。

参考