ITとか鳥とか

技術のこととか。飼鳥(オカメインコ)のこととか。気になったこととか。基本的には備忘録。

AWSを触ってみる

はじめに

AWSを触り始めてみた。 アカウント登録から10分間チュートリアルをいくつか試してみたときのメモを残す。

アカウント登録

  • 氏名、住所、連絡先
  • クレジットカード情報
  • SMSまたは電話認証

よくある通常のアカウント登録に加え、住所詳細や支払情報(クレカ登録)が必須となっている。また、SMS or 電話認証も必要で、IBM Cloudと比べると手間なように感じる。

何よりも、クレカ登録することで想定外の利用料が発生する可能性がある、という点はイマイチ(それも狙いのひとつなのだろうが)。

クレジットコードの登録方法

  • プロモーション等によりクレジットコード(AWSで使える有料枠)をもらえることがある。
  • 登録は、マイ請求ダッシュボード>Billing:クレジット から入力すればOK。

支払通貨について

  • デフォルトはUSDで、日本円に変更可能。
  • 変更はマイアカウントから行う。
  • USDの場合はクレジットカード会社の為替レートが適用され、一般的にコスト高のため、日本円に切り替えておいた方が無難。
  • 但し、必ずしもすべての利用料が日本円になるわけではない点、認識しておく必要あり。

参考

https://qiita.com/takachan/items/5d56b2ada63b896628bb https://www.publickey1.jp/blog/15/amazonvisamastercard.html

10分間チュートリアル

  • 無料枠、有料枠利用など、10分程度で実行できるチュートリアルがある。
  • TOP > 学習 > AWSの開始方法 > 10分間チュートリアル からメニューが確認できる。
  • いくつか試してみたので、ポイントを書いておく。

その1:AWSコストの管理

AWS Budgets

  • 設定した予算を超過するとアラートを出すサービス。
  • アカウントごとに月間総コスト予算を作成するとよい。

無料利用枠のEメールアラートの設定

  • マイ請求ダッシュボード > 設定:Billingの設定 > 無料利用枠の使用のアラートの受信 にチェック。
  • 通常は85%の利用でアラートが出る。

AWS Budgetsのアラートの作り方

  • マイ請求ダッシュボード > ホーム:Budgets > Create a Budget でアラート作成。
  • コストで計測する場合はコスト予算を選択して進める。

所感

有料サービスはモニタリングが面倒だが、アラート設定は必須!

(でも正しく設定できているのか不安になりがち・・・)

その2:サーバーレスアプリケーションを構築する

AWS CodeStar

継続的デリバリーのツールチェーンで、全体を数分でセットアップできる。

AWS で迅速にアプリケーションを開発、構築、デプロイできるようにするソフトウェア開発ツールである。

CodeCommit、CodePipelineが含まれる。

AWS Cloud9

クラウドベースの IDE統合開発環境)。

JavaScriptPythonPHP などのツールを内包しているのですぐ使えるのがよい。

所感

手順通りにやれば、アプリ構築は非常に簡単だと感じる。

サーバレスをちょっと試してみたいという時には良いサービスだが、git操作が少々面倒。

その3:Docker コンテナのデプロイ

Amazon ECS(Elastic Container Service)

Docker アプリケーションをスケーラブルなクラスターで実行できるサービス。

タスク定義

アプリケーションの設計図のようなもの。以下の事項をECSに知らせる。

  • 使用する Dockerイメージ
  • タスクで使用するコンテナ数
  • 各コンテナへのリソース割り当て

所感

説明と実際の画面が違うところがあり、わかりづらいところがあった。

また、有償/無償の線引きがわかりづらいと感じる。(IBM Cloudの場合は、サービス立ち上げ時に無料メニューを選択するようになっているため安心して使える)

その4:ファイルの保存と取得

Amazon S3(Simple Storage Solution)

ユーザのデータ (オブジェクトと呼ぶ) を大規模に保存できるようにするサービス。

所管

サービス作ってアップロードしてダウンロードしてパケット削除して・・・と、やっていることは簡単。

しかし、最初にコンソール開いたとき、身に覚えのないパケットが既に3つあった。

どうやら、ここまでのチュートリアルで自動的に作られていたようだ。

全体所感

UIは少々扱いづらく、慣れが必要だと感じる。

ある程度前提知識をもって使い始めるべきだが、そもそも触らないとわからないというジレンマ。(どのクラウドサービスでも同じだが)

コツコツやるしかない、と改めて感じた。